calendar
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
200910 (649)
tags
essay/satomi (539) 法律・制度 (64) satomi (39) 編集員のボヤキ (14) 日記 (13) 別居 (10) 慰謝料 (8) 再婚 (8) お知らせ (8) 定年 (6) 熟年離婚 (5) 年金分割 (3) メディア掲載 (2) DV (2) 300日問題 (2)

今週の「今週、妻が浮気します」

続けてしまいます。

ハジメと陶子のすれ違う感覚、がよくわかりました。


自分に無理をしながら、頑張って、頑張って、いっぱいいっぱいだった、妻、陶子。
朝食の準備から始まって、仕事では子どもや家庭をいいわけをしないで、せいいっぱい頑張り、仕事を終えれば、子どもの待つ保育所へ走る、走る。家に帰れば、子どもの世話と家事に追われ、愚痴や相談をしたい夫、ハジメは仕事で遅くまで帰らない。また、朝が来て、誰よりも早く起きて、朝食の準備をし、夫と子どもを起こし、仕事へ走る・・・そして、まためいっぱい仕事をして・・・。

それが、辛かったと、無理をしていたと、愚痴を聞いてくれる、相談にのってくれる、そんな夫であって欲しかった、その事をわかってくれる夫でいて欲しかった。完璧な妻なんかではなかった、無理をして、無理を続けて、いっぱいいっぱいだった、と吐露する陶子。
そんなとき、浮気相手の「いつも走っているね。無理せず、肩の力を抜いて・・・」と言う言葉に全身の力が抜けたと・・・。

それを聞いた、夫、ハジメの「浮気の理由はそんなことだったのか」。

「そんなこと」・・・。

「まさか」と同じように、相手の思いが、自分の小さな世界、勝手な感覚や価値観、思い込みで、相手とはまったく違うもの、「そんなこと」になってしまうことを思い知らされます。自分の価値観だけで、相手のことを見ると「そんなこと」だらけです。自分の思い込みだけで、相手を勝手にイメージすると、まったく思いやりや想像力に欠ける「そんなこと」だらけで、相手ばかりを責めてしまいます。日常の中で、本当によくやってしまうことです。「そんなこと」と言われたら、自分にとって悩んできた、辛かった、苦しかったことを「そんなこと」と言われたら、ひどく傷つきます。自分の思いは「そんなこと」だったのか、その程度のことだったのか、という傷つきと、相手に自分の気持ちや思いがわかってもらえなかったという傷つきと。2度傷つくように思います。陶子のように頑張る女性はたくさん、たくさんいます。走って、走って、頑張って。負けないように、手を抜かないように、誰かに負担をかけないように、何でこんなに頑張るのか、最後にはわからなくなって、頑張ることが習慣になって、まわりの人も頑張る自分に慣れて、頑張る自分を見る目が当たり前になって、それが日常になって、今日も明日も続いて、いつまで続くのかわからなくて、休みたいのに、休めなくて。それを、まわりは「完璧」と、「よくできている」と思い込みます。そんないっぱいいっぱいの思いが小さな、些細なうちに、相手に伝えことができたらいいのですが、少し大きくなって、していることが当たり前に習慣化されてしまうと、もう、自分でもどうすることもできない、まわり続けるサイクルのようになっていってしまって・・・。でも、誰かに助けて欲しくて、わかって欲しくて。無理をして完璧なことに疲れて。しんどくて。ある時、ぷつりと・・・。そして、それを「そんなこと」と言われたら。あまりに感覚が違ってしまっていて、言葉が見つからない・・・。頑張るように誰に言われた・・・完璧にしろと誰に言われた・・・。考えてみれば、またそれも自分の思い込みで、自分で自分を責めることになっていたと気づいて。でも、気づいても、「もうやめます」「もう頑張らない」と宣言しても・・・誰も具体的に手伝って、支えてくれる人がいないのならば・・・。やっぱり、頑張り続けるしかありません。そして、ある時、ぷつりと・・・。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

3つの坂

再び「今週、妻が浮気します」ネタでゴメンナサイ!

先月20日の「今週、妻が浮気します」の中で、ひっかかった言葉がありました。

「結婚には3つの坂があるって、下り坂、上り坂、まさか・・・」という言葉。
なるほどと・・・。

平面を歩き続ける日常の中で、ときに下り坂、上り坂があって、ともに転げ落ちるのか、踏ん張るのか、互いを引き上げるのか、後ろから押したりするのか、息を切らしてしまうのか。

「まさか」・・・の「さか」は面白いですよね。

ありますよね。
「まさか」は・・・たくさん。


「まさか」夫が。
「まさか」妻が。
「まさか」あの人が。
「まさか」あの夫婦がと。

夫婦お互いの「まさか」だったり、まわりの人から見た夫婦の「まさか」だったり。


でも、そうだろうと思っていたことは、単に思い込みで、意外に、思いもよらない、信じられない「まさか」が実は本当のこと、真実であるかもしれません。「まさか」と思ったとき、感じたとき、初めて見えてくる、感じるものがあるかもしれません。自分の本当の気持ちに気がつくかもしれません。相手の本当の姿を見るのかもしれません。それに向かい合えたら、いいのですが、そうでない場合、「まさか」が現実のものとして、受け止められなくて、互いの関係を壊してしまうのかもしれないな、とも思います。その人の背景を知ったとき「まさか」この人が・・・と思うことは、本当にたくさんあります。自分が思い込んでいた、小さな世界での勝手なその人に対するイメージに、ひどく反省をします。「まさか」と感じたときに、踏ん張ると、その人の本当が見えてくるのかもしれませんい今以上に愛しく、大好きになるのかもしれません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

早足に春です

足早に春がきたような感じです。
本当に暖かくて、気持ちが悪いほどです。

弥生3月・・・。
睦月1月、如月2月、卯月4月、五月5月、水無月6月、文月7月、葉月8月、長月9月
神無月10月、霜月11月、師走12月。
この和風月名がとても好きです。

3月は学生さんたちには別れのとき。
学生さんのいる家庭では3月でひとつの区切り。
4月からまた新しいスタート、といった感覚があるのではないでしょうか?
特に進学や就職をする子どもさんのいるご家庭ではその感が強いかもしれません。

親もそれに合わせるかのように、一喜一憂・・・。
淋しかったり、懐かしんだり、思い出したり。
また、新しいスタートに気をもんだり、心配をしたり。

1年の流れに区切りがあるということは、とてもいいことかもしれませんね。

高齢のご夫婦が「4月も、盆も、正月も、3月も、毎日変わらないよ」と言われているのをお聞きしました。まだ私には分からない感覚ですが、そうなる日もいつか来るのだと思います。忙しい毎日、時間や気持ちを自分で区切るのはとても難しいかもしれません。でも、日本には四季があります。美しい四季があります。季節の移り変わりを楽しんで、感じて、些細なことでも自分の中に何か小さなアクセントがあるといいかもしれませんね。季節の行事や雰囲気を大切に、ご家庭の中で実践をしている方がいます。お正月やクリスマス、桃の節句やこどもの日はもちろん。季節の変わり目には飾るお花や、敷物を代えたり。旬の食材で食事を作り、桜や菖蒲、藤のお花を見に行かれたり。誕生日や結婚記念日などという家族の記念日も大切にしてはいらっしゃいますが、そういった四季の雰囲気を家庭の中で大切にされる、その丁寧さ、手間のかけ方には、本当に感心しています。とてもそこまでは真似はできませんが、何かひとつでも、自分のできることで季節の流れを感じられるように・・・感じるように・・・そんな風に毎日をスローに生きられたらいいのですが。何かされていますか?そして、それに気がついて、一言かけてくれる誰かがいますか?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「今週、妻が浮気します」

フジテレビ系、「今週、妻が浮気します」。
見ていますか?

「リコナビ」に訪れてくださる方なら・・・気になるタイトル・・・かも。

番組HPものぞいてみました。
視聴者からのメッセージもあって、読んでみると、思いや考え方はいろいろ。
ひとつの離婚はその当事者にしかわからない、その当事者の問題ですが、まわりから見れば、似たような思いや意見はあるものの、微妙にニュアンスや受け止め方、理解の仕方などが違っていて、とても興味深く読ませていただきました。

ハジメ派だったり、陶子派だったり、薫派だったり、春木派(?)だったり、玉子派(?)房子派(?)だったり・・・(見ていない人ゴメンナサイ!)


誰に思い入れや感情移入、共感があるのか。誰に批判や嫌悪をもつのかによって、自分自身が「離婚」を、「結婚」を、「夫婦」というものをどう思っているのか、感じているのか、望んでいるのか、わかるように思います。
「浮気」は「夫婦」にとってルール違反なのか?「浮気」は「浮気」なのか?「浮気」は誰の「責任」なのか?「浮気」は、した方が悪いのか?「浮気」をした方は、誰かを責める権利などないのか?「浮気」は、パートナーに「された」ものなのか?責めるのはパートナーなのか?浮気の「相手」なのか?「浮気」は「夫婦」を見つめなおす機会になるのか?パートナーを再び同じように愛せるのか?ect・・・ect・・・ect・・・ect・・・。そもそも「浮気」って、なんなのか?どこまでか?どうしたらなのか?どうして、ハジメ派なのか?陶子派なのか?薫派なのか?春木派なのか?玉子派なのか?房子派なのか?軽く、おしゃべりのネタにするのもいいけれど、なぜそう思うのか、本当のところは、って考えてみるのも、いいかも知れませんよね。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

夫婦別姓制度 容認派減り 反対派増える(内閣府世論調査より)

先月末になりますが、内閣府による「家族の法制に関する世論調査」で「選択的夫婦別姓制度」に関する法改正について、「構わない」という容認派が36.6%となり、2001年の前回の調査より5.5ポイント減ったのに対して、「必要ない」という反対派が5.1ポイント増え、35%になり、12.2ポイント容認派が上回っていた前回とは変わり、賛否がほぼ同じになったという調査結果がでていました。
これに対して、法務省は「選択的夫婦別姓」について「国民の意見が割れており、直ちに改正案を提出する必要はない」と(都合よく?)改正案への慎重姿勢を示している、という報道がありました。

この「選択的夫婦別姓」については、いままで民法改正案は議員立法で18回提出され、廃案、継続審議となっているそうですが、この調査結果から今後の議員立法の動きも微妙なところ・・・とか。

また、なんとなく・・・忘れられていく・・・。
また、なんとなく・・・社会の隅に追いやられていく・・・。


中をとって?中立?逃げ?か・・・「旧姓の通称使用を可能とする法改正は構わない」というのも、25.1%あったようですが、これは、あまりに何も変わらないような・・・。社会にインパクトを与えないような・・・。年代別では、20代では容認派が44.4%で、若い世代ほど「夫婦別姓」を理解、賛成しているようですが、反対に70歳以上では反対が58.2%とか。男女別では、男性は反対派が39.1%で容認派37.0%を上回り、女性は容認派が36.2%で反対派31.7%を上回った、というまったく逆の結果。年代でみれば、1996年には反対派が多く、2001年では容認派が多く、今回2006年はきっ抗・・・ということになるでしょうか。1999年に「男女共同参画社会基本法」が成立して、2001年には夫婦別姓議論が高まって、「どうするのか」「どうしたいのか」「どうすればいいのか」などの論議の場面をいろいろな機会にみましたが、(なんなのかよくわかりませんが・・・)危機感を抱いた保守層からの「別姓は家族の一体感を損なう」といった(妙な?ずれた?)反発があり、多少その影響があったのでは、ということですが。以前、ある講義中「子どもと一緒の姓のほうが一体感がある、可愛い、親近感がわく・・・」などと言った男性が参加者に「親子関係はそんなものじゃない」「そんなことで気持ちは変わらない」「それは関係ない」などなど、可哀想なくらいの集中砲火を受けているのを目撃しましたが・・・。姓が違うと、一体感ってないでしょうか?家族は姓が同じほうがいいですか?でも、姓が同じでも・・・本人確認には役に立ちませんけど・・・(ひきずってます)。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133