calendar
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
200910 (649)
tags
essay/satomi (539) 法律・制度 (64) satomi (39) 編集員のボヤキ (14) 日記 (13) 別居 (10) 慰謝料 (8) 再婚 (8) お知らせ (8) 定年 (6) 熟年離婚 (5) 年金分割 (3) メディア掲載 (2) DV (2) 300日問題 (2)

浮気は違法

浮気・・・



不倫に・・・W不倫も・・・浮気、



離婚裁判においては、不貞行為です。




で、夫婦には、民法770条1号により、

「貞操義務」があります。



つまりは、浮気は違法行為・・・なわけです。



取り締まる(?)ことができる、ということ。




取り締まって(?)浮気がなくなれば、いい・・・という方もいるでしょうし・・・

回数ではなくて、1回だろうが、絶対に許さない!という方もいるでしょうし・・・




浮気に対する、考え方、対処の仕方は人それぞれです。




「なんとなく」の直感から・・・

探偵社などに依頼をして、徹底的に事実をつかむまで・・・




それでも、どんな手をつかっても・・・明確にはならないのが、



本人・・・浮気をした、その本人の真意・・・です。



徹底的に追及をして、正直に話したと・・・信じるも、信じないもその人次第、

どこまで信じるのか・・・



たとえ、探偵社をつかって、その状況の真実はわかったとしても、

当の本人はいったいなぜ浮気をしたのか・・・までは、わかりません。



その浮気に対する思いや、

浮気の代償に対する覚悟とか、

妻、子ども、家族に対する思いとか、



わかりません。




なぜ、人は浮気をするのか・・・




以前「妻とはできないこと」というルポを読みました。



けど、



(男性側の思いの一片が)

わかったような、わかるような、わからないような、わかった部分もあったような・・・



パートナーとうまくいっていないから、浮気・・・というわけでもありません。



うまくいっていても、浮気をする人もいるし、

うまくいっていなくても、浮気をしない人もいます、




パートナーとの関係だけが、その原因でないことも、理解が難しい・・・




陣内さん・・・「格差婚」など、巷ではいろいろ言われていますが、



(浮気も離婚の原因のひとつとしたならば)

彼などは、ちょっと「浮気性」的な要素を感じ得なくもありません。



パートナーだった紀香さんとの関係とか、

「淋しかった」とか、



では、なくて、「浮気性」・・・




それが・・・

これが・・・



なかなか結婚前に見抜けない・・・のです。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

浮気かな・・・と思ったら

「リコナビ」の中にある、「浮気かな・・・と思ったら」・・・




浮気のチェックシートなるものがあります。



チェック!チェック!!です。



「?」と、思い始めるそのきっかけは、なんだったでしょうか?



昨今は、「ばれる」きっかけは、携帯電話が断トツと思います。



その取扱いに(?)、異常に神経質な人もいて、

ロック、マナーは当然ですが、無音の着信、バイブなしのマナー状態なのに、枕の下に、

そのパートナーは気が付いてますけど・・・

帰宅後、まったく本人の携帯が見つからない、携帯を見ない、などというつわもの(?)のパートナーがいるという方もいます。



TVでは女性タレントの「見ますよ・・・」に、

男性芸人さんが「携帯は絶対に(見たら)あかんやろ!」と力説・・・説得。



携帯って、余程ものもなのかもしれません。



それこそ、いつでも携帯できる、自分が見張っていられる(?)、誰の手にも触れさせない、

確かに、秘密を秘密とできる・・・危うい秘密のつまった箱なのかもしれません。




携帯を2台、という場合もあります。



それこそ、自分以外はだれもその存在さえ知らない、ものとなるわけです。

明細の郵送不要にも、自分名義の口座引き落としにも、できるわけです。



確かな秘密の確保をしている・・・と、いうことは、その疑いは、確信的です。




以前TVで、まだ離婚する前のタレントの千秋さん・・・

夫、遠藤君の見慣れない(2台目)の携帯を発見…(意外に無防備、不用心)

「これ何?」に・・・遠藤君は「知らん・・・」って・・・



で、ぽちゃんと水没・・・とか。




・・・



あっぱれ!千秋さんです。



おそらく、なにも言えなかった遠藤君。



考え方によっては、その千秋さんの行動は、優しい(怖いですか?)・・・ですよね。

追及はなにもしなかったようですから。




意外に、パートナーにはわかるものです。

確かな「なんとなく」で。



携帯電話の扱い方・・・携帯電話の対応の仕方・・・気をつけましょう。




気をつけて(見ていて)下さい。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「リコナビ」リニューアル

「リコナビ」が、5月8日に離婚相談サイトとして、リニューアルしました。




情報サイトから、相談サイトへ・・・



より、利用していただけやすくなったら、いいのですが・・・




離婚のみならず、何か「?」と思ったことは、

さまざまな膨大な情報源から、本当にたくさん、多岐にわたり、いろいろな方面から、容易に情報が手に入れられます。

合わせて、それに伴う多くに人たち・・・専門家とか、経験者とか、のノウハウや意見、経験談やアドバイスなども得られることができます。





・・・なのに、やっぱり、人は、自分のことを話したい・・・相談したい。



「同じ・・・」、「似ている」と思うことも多いものですが、

やっぱり、どこか、微妙に、少しは違っていて、

思うことも、考えることも、悩むポイントも・・・自分の価値観も・・・ほんの少しだけれど、

違っていて・・・




やっぱり、自分のことを相談したい・・・のだと思います。




自分のことを、自分が話したことを、しっかり聴いてくれ、受け止めてくれる・・・



それだけで、人はずいぶん、強くなれます。

・・・落ち着きます。





「リコナビ」があなたにとって、安心できる、相談窓口になることができたらいいのですけれど・・・





「離婚」を推奨しているのではありません・・・




でも、それを考え始めたとき、

それがふと気持ちの中にうまれたとき、



それを否定し、打ち消すのではなく、

しっかりと受け止め、考えてみて下さい。



それが、どういう思いからなのか・・・

それが、あなたにとって、どういうことなのか・・・。




情報は、知識は、力になります。

寄り添ってくれるものは、もっと、力になります。




新しい「リコナビ」を、あなたのために、ご利用下さい。



comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

母の・・・日

今日は母の日です。



親というものは、どのようなかたちであれ、

自分がいる・・・ということは、



いるものです。




それを、今・・・どう思っていてもです。



自分が生をう受けているということは、

誰かから産まれている、ということなので・・・





ちょっと、驚き!



女子中高校生の「理想の母親」が・・・辻ちゃん!だとか・・・



って・・・

辻ちゃん!って・・・




私の子どもの・・・といって・・・いい・・・



理想の母親って・・・ちょっと、ピンとこない。




何をもって、理想としたのかは、わかりませんが・・・



はて、はて、

自分にとっての理想の母親か、

自分がなりたい理想の母親か、



それは、まったく意味の違うもので、女子中高校生が、どんな基準で、何を思って、

「理想」としたのかは、



微妙・・・ですが。




辻ちゃん!といえば、

元モー娘。で、

最近、頭に大きなリボンを付けて、TVによく出るようになって、

まだ、ミニスカで、

太陽くんとラブラブな夫婦で、

すっごく若いお母さんで、

なんか、赤ちゃんの製品のブランドを立ち上げたとかで、



・・・



やっぱり、なりたい母親かな?




これって・・・なんでしょうね?






母親と、特に娘との関係は、

非常にとても、複雑で、深く、難しく、摩訶不思議で、

ライバルで、友達で、嫌いで、好きで、反面教師で、理想で、摩訶不思議で・・・

重荷で、同士で、気楽で、気になる、摩訶不思議な関係で、




それは、本当にともに生きる限り、

ときに、老いて、見送ってからも、



深く深く、潜在するもので、

それによって、さまざまな感情がうまれ、



苦しんだり、憎んだり、

その陰に怯えたり、

呪縛から逃れられなかったり、

恋しかったり、懐かしかったり、

気になったり、負けたくなかったり、



・・・



不思議で、切なく、重く、愛おしく、必要で、不要で、




複雑に、微妙な関係です。




どんな思いで、母の日ですか?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ちょっと離れて

離婚裁判・・・について、しばらく考えてみました。





日本においては、まだとても少ないもののようです。



現実には、調停の中で、それに準じたように、話し合いは行われるところもあるようですが、



やはり、裁判・・・は、裁判となると、身近に感じられるものではありません。






で、




ちょっと離れて・・・





そもそも夫婦って、なんなんでしょうね?




婚姻(それに準ずる)関係のある男女、ということですが・・・



恋愛関係と、

夫婦になること・・・



その違い・・・




夫婦には、もちろん事実婚も含まれるとは、思います・・・



それが、考え方や、状況、気持ちの問題か、

と思いきや、岩崎宏美さんのように、同棲7年半、ほぼ夫婦・・・でも、

籍をつくる・・・という、こともあります。




戸籍をともなう夫婦、

そうではない、夫婦。




そもそも、



その相手を選んだ理由・・・




なんなんでしょうね?




夫婦・・・って。




ちょっと、考えます。



ちょっと、考えてみて下さい。




TVなどで、ときより、ご長寿夫婦の人生などが取り上げられて、

それなりに、感動をしたり、感心をしたり、尊敬をしたり、

は、しますが・・・



でも、それは、誰にでも、どのご夫婦に当てはまるものではなく・・・



夫婦にあり方って・・・




まず、夫婦として(社会的に)認められるために、

市町村役場に、夫婦となったことを届出をしておこう、と考えた場合、



新しく、夫婦を単位とする戸籍がつくられます。




ここで、少し・・・



戸籍・・・3代は入れない・・・とか、

成人をすれば、親元から離れて、自分のみの(個)戸籍をつくることもできる・・・とか、



意外に知られてないのではないでしょうか?



普段、日常では、とりたてて、気に掛けない戸籍のしくみとか、きまりとか、

かかわりをもって、初めて知ること、結構あるようです。







で、届け出後、

夫婦と認められると(認められることになるので)、法律的に、さまざまに権利と義務が与えられます。




まず、

本当に大切なこと・・・



「婚姻は、両性の合意にのみ基づいて成立」すること。



そして、

もっと大切なこと・・・



「夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力によって維持されなければならない」こと。




です。





これらは、憲法で定められていること。





で、民法で定められていること。



・夫婦は同居し、協力し合い、扶助し合う義務がある

・夫婦の間の契約は、いつでも取り消せる

・婚姻費用の分担がある

・日常の生活上の契約や支払いは夫婦の連帯責任である

・夫婦のどちらかが婚姻中に稼いだものは原則として共有である

・貞操義務がある

・重婚は禁止

・女性は、離婚届けを出した日から6ヶ月間は再婚できない



と、なります。




ならば、離婚は、これらの解消・・・夫婦間で、この関係(権利・義務)がなくなる、ということです。



手続きは簡単・・・



夫婦、双方の署名と押印をした、離婚届を市町村役場に出すだけ・・・





結婚も、離婚も、手続き(届出)はとても、簡単なこと。



ならば、なぜ夫婦なのか?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133