calendar
<< August 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
200910 (649)
tags
essay/satomi (539) 法律・制度 (64) satomi (39) 編集員のボヤキ (14) 日記 (13) 別居 (10) 慰謝料 (8) 再婚 (8) お知らせ (8) 定年 (6) 熟年離婚 (5) 年金分割 (3) メディア掲載 (2) DV (2) 300日問題 (2)

最初で最後の“会話”

17日に俳優の船越英二さん(享年84)が脳梗塞(こうそく)で亡くなったとの報道がありました。
私は、船越さんは子どもの頃に見ていた「時間ですよ」のお父さんのイメージがとても強いのですが、ワイドショーなどを見ると、映画にもたくさん出演されていて、特にその映像をながしていた「野火」の船越さんの演技に強い印象をもちました。

体調を崩し、引退をして、療養していたとのことで、最近は息子の船越栄一郎さん(46)のご活躍のほうが目立っていましたが・・・ホントは、それ以上に栄一郎さんの妻、松居一代さん(49)のインパクトのほうが強いですが・・・。

今回の報道で、亡くなった英二さんは、息子栄一郎さんが、離婚暦があり、子連れの松居さんと結婚した(2001年)ことを、最後まで認めないままだったと知りました。

英二さんの強い遺志で、葬儀は密葬だったということですが、この密葬には栄一郎さん、一代さんは夫妻で出席。
栄一郎さんは「(密葬に)一緒に参列しようと言った僕に『当然です』と来てくれた妻に感謝しています」、「(松居は)一心に父の顔に向かって、話し掛けていました」と、松居さんの最初で最後の“会話”の様子を話していました。

(お掃除)カリスマ主婦として、タレント活動を快活にされていた松居さん、結婚生活を感謝をこめて、大切に過ごされていた記事や報道もたくさん見ていたので、義父に離婚暦や子連れであることで、結婚そのものを反対されていたなどとは思いもよりませんでした。

松居さんに(本当は自宅に3人のお手伝いさんがいたとしても・・・)自分の生きてきたこれまでや、生きていくこれからの強さを感じていましたが、その中にもさまざまな思いももたれていただろうな、と。


英一郎さんは「結婚反対は、父の最後の教育だった」と考えていたそうです。というのも「結婚もそうですが、大学も、この世界を志した時も、父は反対することから始まった。僕は認めてもらいたい一心で、努力してこれた。俳優として僕が今日あるのも、そのおかげです」だからとか。ただ、英二さんは英一郎さんの子どもを孫として抱きたいという思いもあったそうで、英一郎さんは「努力はしたんですよ。こればかりは授かり物ですから。でも、これも大きな親不孝の1つですね」と語り。「親孝行をできなかったおわびと、おやじの名前を汚さないように精進するから安心して旅立ってほしいと声を掛けました。父の息子に生まれたことを誇りに思っています」と涙をぬぐったとか。栄一郎さんのそんな思いとか、英二さん自身の本当の思いとか、そして、松居さんの「最初で最後の“会話”」とか、お互いに想像だけではなくて、面と向かって話せたらよかったのに・・・と思います。離婚暦とか、子連れとか、子どもに恵まれないとか、それは、親不孝ではありませんよね。多分、亡くなられた英二さんにとっても。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

赤ちゃんポスト

先日、熊本県熊本市の慈恵病院が「赤ちゃんポスト」の設置を市に願い出た、との報道がありました。大きく取り上げていた報道機関もあって関心や意見をもたれた方も多かったのではないでしょうか。

この慈恵病院はカトリックの精神に基づく方針で妊娠中絶はおこなっていないとか。
ならば、いろいろな理由で子どもを育てられない場合、赤ちゃんを預けられる窓口を、ということだそうです。

「ポスト」だと子どもを「物」扱いするようなので、当病院では「こうのとりのゆりかご」と名づけたそうですが。
病院の人目につかない一角に専用の部屋をつくって、保育器を置き、誰かがこっそりと赤ちゃんを置くとブザーで職員に知らせる、というシステムのようです。
シェルター、ともいえるかもしれません。

捨て子の助長、安易な子育て放棄、との意見もあるようですが、産まれたばかりで捨てられたり、命を絶たれたりする現実は多く、それを避けることができるのであれば、意味のあるものではないかとの意見もあります。

私は、預けられた赤ちゃんにその後どのような環境が用意されているのか、この先のはっきりとした報道がなかったことがとても気になりましたが、当病院がそれを明確にして、その子がどのようなかたちの成長の場を与えてもらい、どのようなかたちで幸せに育つ環境に恵まれたかを知らせてくれることを願います。プライバシーと守り、偏見をもたれないように。


子育ては本当に大変です。いいことばかりではありません。辛さや苦しみ、悩み、時には憎しみや疎ましささえあると思います。そして、育てられない現実は必ずあると思います。事実、この「こうのとりのゆりかご」の構想が明らかになった昨年11月以降、当病院には子育てに悩む母親からの相談が増えているそうです。育てられないなら、なぜ産んだ。おなかを痛めて産んだ子どもだ、どんなことをしてでも、育てるはずだ。子どもためなら、なんでもできる。・・・そんな言葉はいつもいつも女性に向けて投げかけられます。捨て子も、トイレなどで産み落とすことも、我が子を手にかけることも、責められるのはいつも、いつも女性です。いつも、いつも女性です。産めないときに避妊することは女性だけの責任ではありません。中絶は女性だけが責められるものではありません。少子化対策。「産めよ、増やせよ」。と、言う割には、子育てをする人たちに支援は少なく、子育てを放棄しようとする人に対して、非情な冷たい目を向けるだけ。「こうのとりのゆりかご」はそんな人たちを助け、勇気づけるものになるかもしれません。この「こうのとりのゆりかご」をどう思われますか?ところで・・・、この「こうのとりのゆりかご」に関して、国(厚生労働省)は容認をする見解を口頭では示したのですが、慈恵病院が求めていた文書で見解を示すことに関しては「(文書による回答は)まだ詰まっていないが、考えづらいのではないか」(by 「産む機会」の柳沢厚生労働大臣)と否定的な考えを示したそうです。口頭はOK!文書は×!ってよくわかりません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

大地真央さん、あなたも・・・

女優の大地真央さん(51)が12歳年下のインテリア・デザイナー、森田恭通氏(39)と婚約したそうです。

12歳年下って、ひとまわりってことですよね(干支です)。

大地真央さん、あなたも・・・。

先月、女優秋吉久美子さん(52)が26歳年下の男性と結婚されましたよね。

YOUさんとか、イチローさんとか貴ノ花親方とかも女性のほうがずいぶん年上だったと思います。

2、3歳の年下なら、なんとなく想像できたり、自分に置き換えたりできるのですが、12歳とか26歳とかまでなると、知ってる男性の顔を浮かべたり、好きな歌手や俳優さんを思い浮かべたりしたのですが・・・想像できない・・・自分にそぐわない・・・不自然。

素直に、「どんな感じだろう?」と。

女性はよく年齢を感じないと、私のほうが年下のよう、とかおっしゃいますが、ホントかな?と。

私は年齢って大きいと思っているのですが。


それでも、
年上、年下、再婚、国際結婚etc。 結婚も変わってきているようです。国際結婚は、いまや20組に1組とか(東京では10組に1組)。すごい!と思います。でも、それも特別のことではなくなっていくのでしょうね。自分の中にある少し偏見をも含む価値観を見つけたりします。誰もが自然体で愛し合って、それをまわりが祝福し、当たり前に受け入れられるようになっていくことを願います。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

と、思ったら

陣内さん頑張る!

と思ったら。
「ハリキリすぎ」危惧する声があり・・・とか。

最近では「紀香で稼いだ男です」などと、自虐ネタもあるとのことですが(哀)・・・。
なんでも陣内さん、大阪に仕事の拠点がありながら、住まいの拠点は東京に移しての(家賃半分もち)遠距離仕事や藤原さんに言われて煙草をやめたはいいけれど、太って、披露宴までにはダイエット。ついでに肉体改造してしまったようで。

涙ぐましい(?)努力中とか。

「頑張りすぎ」との心配の声もあるそうです。


「あげまん」は運気を運んでくるのではなく、男性をその気にさせること?
などと思ってしまったのですが。

あまりにプレッシャーをかけすぎるのは、辛いかな、とも思いますが、相手に「ふさわしい」自分を求めて、頑張るのは、いいことかも。

でも、「ふさわしい」って?
よく女性は相手の男性に、その家(?)に「ふさわしい」女性になろうとします。それを自分の目標にするようなことを言うこともよくあるように思います。でも、その逆はあまり聞かないようにも思いますが。どうですか?男性が相手の女性に「ふさわしい」男になります、などと明言するのを見たことはないのですが。陣内さん、すごい!の、かもしれませんね。でもやっぱり、自然体、自然体、そんな互いを愛したのですから・・・ね。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「あげまん」そんな言葉ありましたね

藤原紀香さん(35)と結婚をした(と、この言い方がもう「あげまん」?)タレントの陣内智則さん(33)。
陣内さんが司会を務めるTV番組が実質的に枠拡大とか。
なんでも藤原さんとの結婚で陣内さんの注目度があがったのが理由だとか。
5月には披露宴も予定されていて、それにともなって(ますますふたり・・・じゃなくて)陣内さんへの注目が集まることを見込んでのことのようですが・・・。


ずいぶん前ですが、男性に幸運をもたらしたり、運気をあげたりするような女性のことを「あげまん」と呼ぶ、と言うようなことが流行ったことを記憶しているのですが・・・。


藤原さんもまさに「あげまん」ということになるのでしょうか?

大昔には(?)小柳ルミ子さんと大澄賢也さんのパターンがそうだったかな・・・などと思ったのですが。

「あげまん」ならずとも、親の七光りとか、誰それの弟だとか、美人姉妹とか・・・誰かのお陰で、ってこと、よくあると思います。
ときに過大評価だったり、期待をかけすぎたり、実力通りの評価を受けなかったり、妬まれたり、ということもあるかもしれないし・・・本人がそれを嫌ったり、抵抗をしたりすることもあるかもしれません。(森山直太朗さんも最初は直太郎でデビューしたとか、Dragon Ashの降谷さんが古谷一行さんの息子さんとわかるのが嫌で降谷にしたとか。松たか子さんまでなると、もううなずきますが)

でも、それらは代えようのない事実で、そうであることが別に悪い印象ばかりをもたれるということではないようにも思うし、夫婦ならずとも、親子、兄弟で「あげまん」(?)になれたら、それはそれで素直にいいなぁって思いますけど。

藤原さんと陣内さんもお互い「よかったね」って、言えたら、それはそれでいいですよね。

そして別に「あげまん」ならなくても・・・幸せなら。

(関係ないですが。椎名林檎さんと椎名純平さんが兄妹だと「この世の限り」で知って・・・おふたりとも大好きだったのですが、全然結びつかなくて、あげでもさげでもないそれぞれが実力派ですが、兄妹どんな風に育てられたんだ・・・と)


*「あげまん」女性性器の隠語というのが、哀しいかな、一般論です。  もう少し、違うイメージで、ちがう例えで女性の魅力をあらわすことって、どうしてできないのでしょうか?  「家」の横に「古」で「姑」。  「女」の横に「家」で「嫁」。  「女」の横に「石」で「妬」(ねたみ)。  「女」の横に「老」「母」で「姥」「姆」(うば)。  「女」の上に「亡」で「妄」。  「女」が並んで「嫉妬」。  「女」が3つで「姦」(かしま・しい みだら)。    女性のイメージって、こんな感じでしょうか?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133