calendar
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
200910 (649)
tags
essay/satomi (539) 法律・制度 (64) satomi (39) 編集員のボヤキ (14) 日記 (13) 別居 (10) 慰謝料 (8) 再婚 (8) お知らせ (8) 定年 (6) 熟年離婚 (5) 年金分割 (3) メディア掲載 (2) DV (2) 300日問題 (2)

やっと秋です

やっと秋かと思ったのもつかの間・・・寒いじゃないですか!

寒い、すごく、急に、とても寒いです。

珍しく、風邪などひいて咳が出て苦しい・・・。

「鬼のかく乱」・・・いいえ、人間らしいですよね。


V6の井ノ原快彦さん(31)が女優の瀬戸朝香さん(30)と結婚したとか。
(大好きな岡田君じゃなくてよかった・・・?)
サプライズの結婚報告・・・。

スキマスイッチのボーカル、大橋卓弥さん(29)が結婚を発表したそうで。
お相手は一般の方(?)とか。

先月24日、175RのSHOGOさん(27)が元スピードの今井絵理子さん(24)と離婚したと、今井さんのブログに連名でありました。
「愛する我が子(男児・2)は二人で助け合いながら育てていきます」ということです。
ふたりは2004年5月に「できちゃった(おめでた)婚」で結婚した・・・ばかりでした。

和泉元彌さん(33)の妻、羽野晶紀さん(39)が中国公演で夫が留守中の先月24日の夜、トラック2台分の家財道具を運び出したとか。

いろいろな出会いと別れ。その方法は人それぞれ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

もう少し、力を出して・・・(エールです)

どうしても離婚をしたくて・・・。

とにかく離婚をしたくて・・・。

何とか相手から離れたいと思って・・・。

「何もいらないから」と、「これだけで」と、離婚をしてしまう女性は多いものです。
でも、女性にも権利はあります。母親ならば、女性のほうがずっと有利です。もう少し、もう少しだけ、力を出して下さい。得られるものは、得ることのできる権利は放棄することなく、勝ち取りましょう。その行動そのものが、これからの新しい人生の力になるはずです!

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

とどまることも決断

今月は「リコナビ」にの“再婚へのアプローチ”「赤い糸」に登場していただいた、離婚カウンセラーの岡野あつこさんインタビューから始めさせていただきました。



離婚を決めることも、決断です。

そして、また離婚をしないことを決めることも、決断です。

岡野さんはHPの中で「私がまず初めにこれだけは言っておきたいのが、「離婚しないに越したことはない」ということです」と書かれています。そして実際に「相談者の3分の2くらいにはまず「離婚」以外の解決方法をお勧めしています」とも。

「離婚」の大変さを本当に知っていらっしゃる岡野さんのこの言葉はとても重いです。

いまさらですが・・・でも、

大変なことなのだと思います。

と、こんなに簡単に書けるほどに簡単なことではないのだと思います。

人生と真剣に向き合う・・・しなければいけない事態であり、これからの自分の人生を具体的に、自分を主人公に、より現実的にシュミレーションする事態だと、大変なことだとわかってはいるけれど、しなければならないことだとわかってはいるけれど、しんどいことです。そのことにはとても勇気が必要です。
戸惑い、ためらい、落ち込み、反省も相手を責める気持ちも、激高も冷静さも、自分の中にある、あった、知らなかったものに次々と直面することでもあるかもしれません。
本当にしんどいことだと思います。

離婚することを、しないことを決断した、その人が、そのことがまず認められることを願います。そこから、次へのステップ、人生が始まります。そんなとき、やっぱり「ひとりではないと」「頼れるものがある」と、そう思えるものは、勇気を、元気を、知恵を、知識を、あと一歩の力をくれます。「リコナビ」もそんな存在でいられたらと思います。ファイト!

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

2倍働ける?

谷亮子選手の話を書いていて、あることを思い出しました。

「女性は男性の2倍働いても、死なない」という説。

俗っぽいものだったのか、根拠があっての説なのか、どこで、なにから聞いたのかもはっきりと憶えてはいないのですが、耳でしっかり聞いたことは確かなのです。

でも、言われていれば、確かにそうだろうな・・・と。
きっとそうに違いないと・・・思ってしまいます。

で、この説を時より思い出しては、知人に話すのですが、その反応がふた通り。

ひとつは、「なるほどね。働いてやろうじゃないの!その分稼げて、その分元気で生きられるのならいいじゃない」というものと、
「そんな言い方失礼だわ。腹立つな・・・もっともっと働けといわれているみたい」というもの・・・。

私はこの説を聞いたとき、反応は前者。
「あっ!やっぱそう?働いてやろうじゃないの。働いて稼いでやろうじゃないの。働いて何か得てやろうじゃないの」って感じで・・・。
不愉快だったり、腹が立ったりしませんでした。

ホントに2倍働いても死なないのなら、凄いこと!得なこと!だと思うのですが・・・。

どう思いますか?

母をして、妻をして、娘をして、嫁をして、女をして、自分をして・・・日常の中でめまぐるしく変わるその立場に、腹を立て、小言をいい、笑い、ときに楽しみ、腰を落ち着ける間もなく、動き・・・でも、元気に!丈夫で!たくましく!踏ん張って!こうなったら、男性より2倍熱く、太く、長く、生きましょう。どうせなら、2倍楽しく、明るく、元気に、いきましょう!

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

私/satomi(27)

食事の後片付けをしていたら、右手の甲に青あざを発見。

しかも、かなり大きい、人差し指の付け根から、親指の付け根に向かって、幅2センチくらい、長さ4センチくらいの長方形の赤黒いあざ。
ちょっとふれたら、かなり痛い・・・。


なのに、どこで打ったのか、なにかが落ちたのか、まったく憶えていない・・・。
「痛っ!」と思った記憶がまったくないのです。

・・・。

「どうでだ?」「どこでだ?」と、この2、3日を思い出そうとするものの、まったく思い出せない・・・。

大丈夫か?私・・・?
と、いう感じで、不安です。

あざの大きさから、その色から、かなり痛かったと思うのですが。

落ち着かない、忙しい毎日のせいか、身体の動きをひとつひとつ、とめることなく、動き続けているせいか・・・。

何を、何が、そんな忙しいのか・・・私は。
と、しばし落ち込んで、情けなくて。

あー、時間の流れをちゃんと感じないと、身体の痛みくらいわからないと、と・・・。


この症状がすすんで、心にできた傷にも気がつかなくなってしまうのは、感じなくなってしまうのは・・・ちょっと困ります。心にも身体にも敏感で・・・心も身体も大切に。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133