calendar
<< July 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
200910 (649)
tags
essay/satomi (539) 法律・制度 (64) satomi (39) 編集員のボヤキ (14) 日記 (13) 別居 (10) 慰謝料 (8) 再婚 (8) お知らせ (8) 定年 (6) 熟年離婚 (5) 年金分割 (3) メディア掲載 (2) DV (2) 300日問題 (2)

サルコジ氏じゃなくて・・・

先日、フランスの前大統領候補、社会党のロワイヤル氏(53)が25年来同居し、事実婚を続けてきた同党、第1書記オランド氏(52)との別離を発表したとの報道がありました。

新大統領となったサルコジ氏夫人がサミット中にもかかわらず、娘の誕生日会のために帰国・・・という(かねてからの噂通りの)記事を読んでいたので、やっぱり「真っ平ごめん」を実行してしまった(当ブログ、5月11日)のか、と思っていたのですが、

サルコジ氏ではなくて、ロワイヤル氏でした。

詳しいことは、20日に発売される本「敗北の舞台裏」で明らかにするとのことですが・・・本の出版とは、どこも同じだなと。

そもそもの原因はオランド氏の不倫のようですが。

ロワイヤル氏はラジオで「他のカップルと同じように私たちも問題を抱えていたが、選挙後まで表に出さないようにしてきた。今日は公にすべき日だ」と話し、「彼に自宅を出て自身の愛を追い求めるよう伝えた。詳細は本をみてほしい。彼には幸せになってほしい」と・・・。

潔い!

来年の党大会でオランド氏は第1書記辞任を表明しているそうで、続いての後任にロワイヤル氏が出馬表明している、ということで。

なんとも逞しい!

さらにロワイヤル氏はオランド氏に「今後パートナーとは呼ばないで」と申し入れたものの「2人は話し合っており、互いを尊重しており関係は良好」とのこと。

さらに、かっこいい!

なんでもおふたりは国立行政学院(ENA)というエリート校の同級生で、25年間の事実婚の間には4人の子どももいた、とか。
(選挙でも母であることをアピールしていましたが・・・)

オランド氏の不倫が原因だということではありますが、大統領選期間中以前、かねてより2人の間では何度も政策の食い違いがあったとか。それもまたひとつの原因のようです。


国家的レベルな原因!

それでも、やはり「他のカップルと同じように私たちも問題を抱えていた」のだと思います。大統領候補とか第一書記とか・・・事実婚だとか・・・夫婦はそういうことではないのだと思います。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

うるさい小言

「大丈夫?」「病院へ行ったら」「一緒に(?)病院へ行こう」「一緒に歩こう」「これ食べて!」「お酒は駄目!」「今日、煙草何本目?」「煙草はやめてよ!」etc・・・の小言のお陰の健康維持が結婚のメリット、ではあるようですが・・・。


にもかかわらず(?)夫の妻への不満で断トツでトップだったのは、「小言がうるさい」(71票)、

って、なんてわがまま!


どうやら、夫(男性?)は、小言を言われることが嫌いなようです。


で、母親に向かっては「うるさい!」、
妻に向かっては、だんまり・・・。

2位は「家事をしない」(45票)、
3位は「料理をしない」(39票)とか。


健康維持のための「小言」も、家庭円満維持のための「家事」や「料理」への参加(?)も、これらはすべて自分にとって負担にならない程度のものってことでしょうか?

夫は妻にどうせいと?

まぁ、妻も、夫に「小言」を言いながら、「家事」「料理」に手を抜きつつ・・・「子育て」は「しない」ということ指摘されない・・・ような、自分にとっての負担のならない(?)優先順位があるようですが・・・。ちなみに、妻の夫への不満は、「金遣いが荒い」(81票)が1位とか。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

それでも結婚・・・男性には何のメリットが・・・。

それでも「結婚したい」男性は多いとか・・・。

いったい理由は何か?

大きな理由はもちろん、生涯の(・・・)パートナーを得た喜びとか安定感とか。

が、それ以上に、食生活が充実し、家事負担が減り、規則的な生活が送れるから…という回答が多かったとか。
これは親離れ、自立以後(案外大変だった独身時代の一人暮らしに)迎えた「新たなお母さん」ですか?ずいぶん前に書いたと思いますが・・・、独身者の心疾患での死亡率は既婚者の2.9倍。その他の病気や病気予防、その意識、通院意欲・・・などなど、それらは既婚者(妻帯者)のほうがはるかに高いです。それは高いというより「大丈夫?」「病院へ行ったら」「一緒に(?)病院へ行こう」「一緒に歩こう」「これ食べて!」「お酒は駄目!」「今日、煙草何本目?」「煙草はやめて!」etc・・・の小言のお陰とか。結婚のメリットは、「健康体の維持」とも言えるかもしれませんね。女性にとっては?・・・。いつぞや「老後に夫と暮らすと、妻の死亡リスクが約2倍に高まる」という統計もありましたけど。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

いざ!共働き

いざ!共働きを開始!
で、
「お金」にシビアな結婚生活、その「生活」に「共働き」が加わると、欠かせないのは「お金」と同等に「家事参加」。

夫がどれほど家事の分担を(自然に・・・快く・・・当然のこととして)するかは、女性にとっては「年収」につづく大きなポイントのようです。


で、新しい言葉を発見!

「三手」・・・知らなかった・・・。

結婚生活を「手を取り合って」、
家事労働・育児を「手伝う」、
恋人時代のように「手をつなぐ」、

のだそうです。

つまりは10年前の「三高」。
ちょっと前の「三低」。
に、つづく「三手」・・・。

「高収入」「高学歴」「高身長」の「三高」。
「低姿勢」(レディファースト)「低リスク」(安定したリスクの低い職業)「低依存」(束縛せず、お互いの生活を尊重)の「三低」。


・・・・・。

男性自身の力のみではどうしようもない、レベルの高い要素を多分に含む「三高」に相反して、意識と努力と頑張りで、それなりのクリアをできそうな「三低」「三手」。男性はこの理想傾向を、よいことと思うか・・・苦笑いか。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ならば、共働き

「妥協できる最低ライン」として「年収400万円」がかなわないならば・・・。

ならば、自ら働いて・・・。

と、現在仕事をもっている独身女性の約半数は共働きを希望しているとのこと。

これは、たくましい、のか。
この厳しいご時勢、夫婦が生活維持共同者(?)として、当然!?なのか。
私など「いい意識だな」と思ったのですが・・・。

でも共働きを望む、その気持ちの裏には、「独身時代の生活水準を維持するには、自分が働いて稼ぐしかない」現実・・・そして、正直に・・・「結婚生活の生活のため、自分(相手も)の小遣いをケチることは嫌だ」・・・そして「生活維持共同者として、生活に同じ貢献をしているという「夫婦、対等な立場」であることを保持するため」とか。

まぁ、これはこれで、たくましい意識だと。

中には「生活資金や家のローンで自分の収入を頼りにされるのは嫌」と、あくまで自分の稼ぎは生活のためではなく、生活向上のため(?)であることを主張(実は夫の稼ぎはふたりのもの・・・自分の稼ぎは自分のもの)する女性もいるそうですが。

“愛してるよ”だけでは暮らせない、シビアなシビアな結婚生活。でも、実際、現実を直視する、その冷静な目は必要です。相手をいろいろな角度から検証(?)し・・・。そして、長いスパンで相手をシュミレーション・・・。あなたのお相手はいかがですか?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133