calendar
<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
200910 (649)
tags
essay/satomi (539) 法律・制度 (64) satomi (39) 編集員のボヤキ (14) 日記 (13) 別居 (10) 慰謝料 (8) 再婚 (8) お知らせ (8) 定年 (6) 熟年離婚 (5) 年金分割 (3) メディア掲載 (2) DV (2) 300日問題 (2)

続 シビアにシビアに離婚率

7月3日に「それは、次回また」と書いておきながら・・・

3年ほど前から離婚率は減少傾向とか。特に熟年層の女性は、2007年4月から始まる「年金の分割制度」を待って息をひそめているようです。

どんな制度でも、女性をサポートしてくれるものになるならば、大歓迎です。
でも、この「年金分割制度」、2007年4月から即座に離婚後の生活の支えになってくれるものではありません。

どういったことなのか・・・正しい知識を得ておくことは、とても大切なことです。

以前も書いたと思いますが、この「年金分割」、まず、2007年4月から「任意分割」が始まります。2007年4月以降に離婚をした場合、夫婦間で合意があれば、離婚をするまでの全婚姻期間について夫(妻)の厚生年金や共済年金をそれぞれに分割できる、というものです。共働きでも片働きでも、半分ずつになるまで分割できます。ただし、夫婦で話し合っても、合意にいたらなければ、家庭裁判所に分割の割合の決定を委ねることになります。そう合意が必要です。合意が必要なこと、憶えておいて下さい。・・・合意に至らなければ、家庭裁判所です。そして、やっと2008年4月から「強制分割」が始まります。2008年4月以降から離婚をするまでの期間について、厚生年金や共済年金を2分の1づつに強制的に分割できるようになります。そう、あくまで2008年4月以降の分だけです。それ以前の分については「任意分割」、・・・夫婦間の合意が必要です。たとえば、1995年4月に結婚をし、2018年4月に離婚をしたとすると、1995年4月から2008年3月までの婚姻期間13年間分の年金は「任意分割」で、話し合い上、分割割合を決めることになり、2008年4月から2018年4月までの婚姻期間10年間分は「強制分割」で、折半となるということです。つまり、2008年4月まで待って離婚をしたとしても、強制的に折半される年金額は0ということです。しかも、そもそも「年金」なので、60歳、もしくは65歳にならなければ、受け取ることはできせん。それまで、どう生きていきますか?息をひそめていることもいいですが、ひそめているだけではなくて、その間、しっかり、ちゃっかり、「生きる力」を蓄えておくことが、1番大切なことかもしれません。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「おひとりさま」です

女性がひとり、気ままにさまざまなシーンで楽しむ「おひとりさま」。
レストランで、バーで、ホテルで、旅先で、ショッピングで「おひとりさま」を楽しんでいる女性の姿を時より見かけます。

こういったコピーには提供側の売り上げをねらった商業的意図も見え隠れしますが、踊らされることなく、利用できる、お得なサービスのひとつとして、気楽に楽しめるものであって欲しいと思います。

概して、女性はこういったことのターゲットにされやすいですが、見つけました。男性向け「おひとりさま」。某ホテルに「ダンディズムステイプラン」「おとこのオフ・タイム宿泊プラン」なるものを・・・。インターネットなどで調べてみると、他にもいろいろありました。リラクゼイションやリフレッシュ、フィットネスなどをうたい文句にしたり、「美肌」のためのエステのサービスなどありました。料金は少し高めですが、それがまた心地よいのかも。ただ、どのプランも宿泊人数が選べたり、室内にベッドがふたつあったり・・・リラクゼイションやリフレッシュ、フィットネスなどの中味を疑うわけではありませんが、

女性の「おひとりさま」と男性の「ひとり」は、もしかしたら人数が違うのか?

などと思ってしまうのは、私だけでしょうか?それを利用して、リフレッシュをしてくるとパートナーがでかけたら・・・宿泊プランの中身(ルーム?)を要チェック。かも。

私は「たまには仕事や家族から離れて」「家族からも仕事からも解放されて」「非日常」・・・画面にならぶコピーに、男性の本心はそうなのか、と、腹立たしさと、同情を半分半分に感じながら、「おひとりさま」も「ひとり」もやはりターゲットは決まっていることに、より腹立たしさと、妬みにも似た、うらやましさを感じます。「たまには仕事や家族から離れる」ことも、「家族からも仕事からも解放される」ことも、「非日常」などとてももてない人のほうが、はるかに多いのだろうな、と思います。日々、精一杯の仕事を、介護を、育児を、けっして自分からわずかな時間すら切り離せない人は本当に多いと思います。わずかでも「おひとりさま」「ひとり」の時間をもてるように、お互いに工面しあったら・・・もう少し笑顔で「いってらっしゃい」「おかえりなさい」が言えるかもしれませんよね。疑わずにね・・・。                                

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

結婚 離婚 (再婚) 時より 復帰 2006.7.19

なんだか最近あっと驚くような、当人が追いまわされているような、FAXが出回るような・・・結婚、離婚、再婚がありませんね。
そもそも結婚がないから、離婚もなくて、離婚がなければ、当然再婚もないわけで・・・。どの世界もその傾向は変わらないみたいです。

結婚が少ないのは哀しむべきことなのか、離婚が少ないことは喜ばしいことなのか。

男女を問わず、30歳前後の「おひとりさま」ホント多いですよね。

元フジテレビアナウンサーのタレント有賀さつきさんが(40)が、同局解説委員の和田圭氏(53)と離婚。

正直、結婚した時の方が驚いたのですが、

職場結婚の状態で始まった結婚関係は「(夫は)上司だった」とか。家庭生活に会社の中での上下関係が入り込んでしまった、それが離婚の原因だったようです。

離婚理由は、ほんといろいろあります。

慰謝料・養育費はないということ(とれただろうに、と陰の声)。
有賀さん、3歳の女の子のママとか。これからは働くシングルマザーです。

元アナウンサーということですが、どんな風に復帰するのでしょうか。


それから、
元NHKの人気アナウンサーだった膳場貴子さん(31)が、10月からTBSの報道番組「ニュース23」のキャスターとして現場復帰するそうです。膳場さんはNHKに入局後、結婚した会社員と2003年に離婚。忙しい中でのすれ違いの生活が原因だったとかで、昨年秋の再婚、今年3月に退職した後は一切仕事はせず、夫の勤務地のロンドンで(今回は?)専業主婦として生活していたようです。退職する際には「今までいただいたものを社会にお返しできるように努めていきたい」と、将来的なアナウンサー復帰を示唆していたようですが、半年間の充電期間(だったのでしょうか?)を経て仕事を再開するということです。半年が長いのか、短いのかは人それぞれだとは思いますが、夫はまだロンドン勤務であるならば、すれ違いどころか・・・生活時間が違います。まっ、それも人それぞれの経緯があってのことだとは思いますが・・・。10月から膳場さんはどんな表情で登場するのでしょうか。結婚 離婚 (再婚) 時より 復帰やっぱり、私たちとは違うのか・・・と少し意固地にイジケます。まぁ、そりゃ、違いますけどね。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

ジダン 頭突き 2006.7.16

サッカーのワールドカップ、仏代表のジダン選手の頭突きが大きな問題になっていますね。
伊代表のマルコ・マテラッツィ選手の侮辱的・屈辱的な言葉におさえきれなかった怒りの現れだったとのこと。

最終的には国際サッカー連盟(FIFA)が両者から事情聴取をして、その処分を決定するとのことです。
欧州のサッカー界では、人種差別が深刻な社会問題になっているということで、世界最高峰の技術とプライドをもった選手たちであるにもかかわらず・・・と、その現実、実態に少し驚いています。

このジダンの行為は(日本の)社会の中では、比較的「理解できる」こととして、受け入れられているようです。
Yahooの投票をのぞいてみました。「侮辱する発言があったのなら理解できる 」がおよそ7割で、「何があっても暴力行為は許せない 」のおよそ2割 を大きく上回っていました。

私もこの映像を見たときは、本当に驚きました。
そして、ジダンという世界の頂点に立つ選手が、優勝をかけた、現役最後の試合で、あのような行動にでたということは、その言葉を発した、相手の選手がよほどの事を言ったのだろうと、Yahooの投票同様、理解をしました。そしてMVPに選ばれたこと、世界各国の世論が比較的ジダンよりなことにも、なんとなく納得をしていました。
いいえ・・・違います。これは非常に危険な、陥りやすい、よくはない「納得」です。ジダンは暴力をふるったのです。それは決して許されることではないのです。暴力をふるわせざるを得ないほどに、相手がジダンを怒らせた、と理解してはいけないことなのです。DVなどの暴力の加害者は必ず言います。「相手が俺を怒らせた」「俺を怒らせるようなことをした奴が悪い」のだと。自分の暴力の原因を責任を相手に転嫁しようとします。虐待をする者は必ず言います。「しつけのつもりだった」「愛情だ」「仕方がなかった」のだと。あたかも相手を思ってのことのように言います。それは違います。暴力はふるう人の責任です。暴力は抑圧です。暴力をふるわれていい人など、いません。概して、日本の社会は地位のある、才能をもつ、活躍をしている、前途のある(らしい)男性の暴力にとても寛容です。加えて涙を流したりしながらの反省のパフォーマーは、おかしな同情と温情論をうみます。暴力を容認してはいけないと思います。仏大統領の言葉のように「受け入れられないが、理解はできる」などという、わかったような、わからないような言葉で誤魔化してはいけないと思います。ただ、言葉も時に身体的に加えられる暴力以上に人を傷付け、苦しめる暴力です。それに対し抑えきれない怒りや憎しみの感情は誰しもあります。そのことは充分に理解できます。それをどう相手に社会に伝えるか、わかってもらうのか。冷静に毅然として対処できたらと思います。とても難しいことだとわかっていますが。国際サッカー連盟(FIFA)がどのような結論をだすのか、気になります。事実関係を調査し、ジダンの言うような言葉の暴力があったことが本当であるならば、その言葉を発した相手はなんだか責任をとらないといけないと思います。彼の言葉もまたジダンの頭突きと同等の暴力であることを、世界中が理解できたらいいのにと思います。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

旦那の行動 その2

「旦那の行動」を書いた次の日、こんな事件がありました。

「メールののぞき見500回  女性会社員を書類送検」
何でも夫との仲を疑った妻(37)が、その相手の女性(35)のメールのIDとパスワードを入手して、不正アクセスを繰返して、女性のメールを盗み読んでいたとか。
もともとその女性のメールのアドレスは・・・夫の携帯電話に送信してきたものを見たとのこと。

疑いだしたら、「いけない」と思いながらも、やってしまったのでしょうね。

この事件・・・これから先が知りたい、と思うのは・・・あまりいいことではありませんよね。

妻が旦那の浮気を疑いだしたら、どうするか?徹底的に証拠を調べ上げ、相手を責める、という行動にでることは、意外に少ないようです。疑いながらも、確証が得られなければ、様子を見る。というのが、一番多いとか。「様子を見る」って。旦那を責めたとき、旦那はどうするか。徹底的に浮気を否定するか、のらりくらりとしらをきるか、あっさり認めるか、結構多いのが、逆ギレとか。浮気をしておいて、ばれて、責められたら、逆ギレなんて。冗談ではありません。ただ、それもパフォーマンスで、基本的に夫は(男性)は妻(女性)が許してくれると思っているところも大きいのかもしれません。冗談ではありません!許せることではないはずです。その時の旦那の言動、自分の惨めさやせつなさ、淋しさや、憎しみ、恨み・・・一生、忘れられることではありません。妻は努力をして忘れようとするのです。「私は妻」「私は母親」と、自分に言い聞かせながら・・・。「家庭は壊したくない」と。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133