calendar
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
200910 (649)
tags
essay/satomi (539) 法律・制度 (64) satomi (39) 編集員のボヤキ (14) 日記 (13) 別居 (10) 慰謝料 (8) 再婚 (8) お知らせ (8) 定年 (6) 熟年離婚 (5) 年金分割 (3) メディア掲載 (2) DV (2) 300日問題 (2)

偽・・・慰謝料⑥

今年を象徴する漢字は「偽」でした。

日本漢字能力検定協会が公募。(知らなかった)
稀にみる多数で選ばれたそうです。

確かに「偽」だった1年でした。

で、先日の福田首相の「解決すると言ったかなぁ」・・・。

って!

「口約束」って、これか!と思いました。
世間にあれだけ大きなことを言って、約束(本人はそう思っていないけど)しておいて、で、「言ったかなぁ?」って言える神経・・・。

世間にはそんな人、ごまんといるのでしょう。


「口約束」は怖い!信用などできない、してはいけないと思いました。

つまり、公証人に作成してもらう「公正証書」の力。
必ず「強制執行許諾約款付公正証書」にしておいてもらう、知識。

これ、憶えておいて下さい。


離婚したとき、養育費など、その額を決めておいても、支払わなくなるケースがたくさんあります。
無責任なこと、極まりないのですが、(多くの場合支払側に立つ)元夫にも確かに事情はできます。

リストラとか、病気とか・・・再婚とか。
支払いたくても、支払えない事情が・・・。


「離婚貧乏」という言葉をどこかで読みました。
あり得る、離婚をした誰しもがあり得ることです。

子どもを引き取って、親権者となって、経済的にすべてを担う女性もすくなくありません。
その多くは「離婚貧乏」な状態に陥ります。その生活は大変です。


支払う側に対しても、再婚などを禁止することはできません。
このご時勢に、どう考えてもふたつの家庭を維持していく経済力を持ち得ることは難しいはずです。ふたつの家庭の経済を成り立たすことができるだけの収入を得ている人がどれだけいるでしょうか。

だからといって、支払えなくなることを認めるというのは、おかしいのですが。

支払う側も、誠実であるほどに「離婚貧乏」な状態に陥るかもしれません。
愛人と再婚、ふたりで働いて、慰謝料・養育費を元妻に支払い続けた、などという話を聞かなくはないですが、それは再婚したふたりが、ごく普通に、新しい家庭をつくっていくことに影響を及ぼすことは必至です。


離婚することによって生じる経済的な困窮は深刻です。ならば、離婚はするな、我慢せよ!ということになってしまいます。お金のために。離婚を自己責任として、その後の暮らしを自助努力にしてしまうには、あまりに酷な社会です。これだけ増加している離婚、その経済を支える何だかの手立て、システムを考える必要がでてきているのかもしれません。「離婚保険」なるものがある国もあるとか、真剣に・・・いいことかもしれません

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

慰謝料⑤

まだまだ、いろいろ、離婚に関しての知識も少なく、法律もその解釈が難しく・・・
あれこれ、あちこち見ています。

で、離婚自体慰謝料なる言葉を発見!

説明によると、

「離婚という行為自体によって生じる精神的・経済的などの負担に対して、有責者が相手に支払う慰謝料のこと。
離婚をすることにより、離婚歴ができてしまうということ、離婚によって生じた将来の生活の不安について、妻(夫)という地位が侵害されたこと、などに対する損害賠償金のこと」。

だそうです。

離婚歴と生活不安と地位(?)に対する慰謝料ということです。

んー・・・やはり、こういったものをお金に換算するのは、とても難しい・・・

正直・・・しんどい・・・と思います。


離婚自体慰謝料=基本慰謝料+相手の年収の3%×実質的婚姻年数×有責度×調整係数

の算定式だとか・・・わからない!難しい!

基本慰謝料は100~120万円。

実質的婚姻年数には、別居期間も含むことができ!20年(20)という期間(数字)が上限とか。

有責度は、相手が極めて悪いときは1、相手が悪いときは、その度合いで0.8~0.2。          
どっちもどっちのときは0。

って、極めてとか、そもそも悪いとか、その度合いって・・・微妙な!!

すごくわからないのが、調整係数(?)。
基本は0.7~1.3だそうです???
これからの自活の困難性や互いのもつ事情などが考慮されるとか・・・。


協議、審判、調停、裁判、それぞれのシーンでの解決時に計算されるのでしょうが・・・。
わかりにくいです。


でも、いただけるものは、いただいておきましょう。とりあえず、こんなものもあること、知っておきましょう。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

慰謝料④

公証人???
公証人役場???

よく聞きはするのですが・・・。
よくわかっていないし、場所も人も知らないことが多いのでは・・・。

公証人とは、原則30年以上の実務経験を有する法律実務家の中から、法務大臣が任命する公務員で、公証役場で執務している人です。

で、その人たちは、「公証役場」、「公証人役場」、「公証人合同役場」、「公証センター」などとよばれるところで、実務にあったっています。
これら公証役場は、全国で約300か所あります。

公証人の仕事は、大きく分けて3つ。
1. 公正証書の作成
2. 私署証書や会社等の定款に対する認証の付与
3. 私署証書に対する確定日付の付与

・・・よくわかりませんが。

「公正証書」には「言公正証書」、「任意後見契約公正証書」、「金銭の貸借に関する契約や土地・建物などの賃貸借に関する公正証書」、「離婚に伴う慰謝料・養育費の支払に関する公正証書」、「事実実験に関する公正証書」など???があるそうです。

重要なことは、
「公正証書」は、法律の専門家である公証人が公証人法・民法などの法律に従って作成する公文書だということです。当然、公文書ですから証明力が高く、債務者が金銭債務の支払を怠ると、裁判所の判決などを待たず、すぐに強制執行手続きに移ることができることです。
つまり・・・金銭の貸借や、養育費、慰謝料などの支払など金銭の支払を内容とする契約の場合、債務者が支払をしないとき、本来は、裁判を起して裁判所の判決など得なければ強制執行をすることができません。でも、公正証書を作成しておけば、すぐ、執行手続きに入ることができる、ということです。

離婚はあらゆる「力」を利用して、頑張りましょう!

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

3度目の離婚

歌手の玉置浩二さん(49)がキーボード奏者の安藤さと子と1日、離婚をしたとの報道がありました。
玉置さん自身がホームページ(HP)で明かしたそうです。

玉置さんといえば、女優の薬師丸ひろ子さんとの結婚(再婚)、離婚が印象的でした。
その結婚の記者会見で、玉置さんがとても明るくて、はしゃいでいて・・・「安全地帯」のヴォーカルとして歌う玉置浩二さんのイメージとはすごく違っていて、とても驚いたことを憶えているのですが・・・。


薬師丸さんと再婚だったので、再々婚の離婚、これで、3度目の離婚ということです。

離婚の原因は、かつて玉置さんと不倫関係にあった女優(?)石原真理子さん(43)の暴露本「ふぞろいの秘密」(昨年12月発売)の影響とか。
おふたりは、1999年12月に結婚。円満な夫婦生活を続けていたそうですが、その暴露本によって溝ができたということのようです。

11月30日まで行なっていた全国ツアーも、これまで玉置さんのバックバンドを欠かさず務めていた安藤さんは参加していなかったそうです。


石原真理子さんの暴露本がどんな内容なのか、まったく知らないのですが、彼女は玉置さんとの不倫や別れ、また、玉置さんのDV(ドメスティック・バイオレンス)についても暴露していたとか。

夫婦関係にもとても大きく影響したようですが、玉置さん自身にとても精神的ショックがあったとのことです。

タレントの暴露本は、よく出回りますが、人の人生を壊すほどの、プライバシーを踏みにじるような、そんなものは、認められるものではないように思います。
むしろ著者自身の価値を下げるようなものにも思うのですが・・・。

それが狙い?
許されること?
面白ければいい?
相手を落としいれようと思ったわけではない?

「ふぞろいの秘密」も結構話題になっていましたよね。


今年に入って玉置さんが都内の自宅、安藤さんが長野・軽井沢の別宅で暮らす別居生活を始めて、数カ月前から代理人を通して離婚協議し、話し合いは円満だった・・・とのことです。

慰謝料などの条件については報道されていないようです。


玉置さん、

1983年5月に同郷の一般の女性と結婚。
その後、1985年に石原さんとの不倫が発覚し、その影響で1986年4月に離婚。

それから1991年1月に女優、薬師丸ひろ子さん(43)と再婚。

で、1998年6月に薬師丸さんと離婚。

で、1999年12月に安藤さんと結婚。
・・・玉置さんと安藤さんが知り合ったのは、1995年・・・薬師丸さんとの婚姻中、すでに安藤さんとの交際は噂になっていたようですが。

玉置さん、案外、数ヵ月後には、再再々婚がありそうな・・・感じですが。

再婚、再々婚、再再々婚・・・どのときも(?)別れようなどと思って結婚をしてはいないでしょうが・・・。よく言う結婚に「向き」(?)「不向き」(?)。一生懸命、真面目、だからこその結婚・・・ということも、いえるかもしれません。でも・・・結婚に自信がなくなってしまいそうです。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

続「身分なき共犯」

前防衛事務次官の守屋氏の妻、幸子さん。

収賄容疑で逮捕されました。

幸子さんは「身分な共犯」とか。


幸子さんが仕切っていたといわれる、陸海空の自衛隊員や内局の幹部職員の妻たちでつくっている「美鳩会」。
ここにも捜査がはいったとのことです。


この「美鳩会」。
夫の地位が妻同士の関係にも反映されているとのことで・・・。

なななんと・・・1971年制定の会則があって、防衛庁(現防衛省)長官の妻が会長で、副会長は政務・事務の各次官夫人や統合幕僚長夫人が就いていたそうです。


夫の地位がスライドしている・・・・。夫の「役職」が、地域での「家」が、子どもの「成績」が・・・、あなたにはどう影響していますか?それを、どう感じていますか?「役割」のときもあるかもしれません。「嫌だけれど」かもしれません。「生活するため」かもしれません。もしかしたら「責任」かもしれません。けっこう「気分がいい」かもしれません。家族のもつものが、自分にスライドしてくる不思議・・・。こだわるのは、私だけでしょうか?

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133